自衛隊レンジャーって何?実際になる方法や体験談を紹介します!

皆様、こんにちは。

皆様は、自衛隊の【レンジャー】って聞いたことがあるでしょうか?

 

時々テレビを見ていると、芸能人の方が自衛隊のレンジャー体験などをされたりして、目にする機会も増えてきた気がします。

 

陸上自衛隊におけるレンジャーとは、教育課程の一つであり、陸上自衛隊の全ての隊員が受ける教育ではないので、実際に自衛隊に勤務していても、中身を知らない事がほとんどです。

 

その教育課程も、年に1回有るか無いかで、その人数も20人前後ですので、実際に経験していない隊員の方が多いです。

 

そんな中で、本当のところ実際にはどんな訓練が行われれいるのか、実際にレンジャーを卒業した体験者(30年近く前になりますが)として、お伝えしたいと思います。

  • レンジャー訓練ってどんなもの?
  • 素養試験の内容は?受かる秘訣はある?
  • 基礎訓練って何する?実は精神的にキツイのはここです!
  • 行動訓練って何?自分の限界に挑戦!
  • まとめ

の順にお伝えしていきます!

レンジャー訓練ってどんなもの?

レンジャーについて聞いた事がある方は、レンジャー訓練と言えば、一般的には山の中に入って、蛇や蛙を食べたり、重い荷物を背負って歩いている映像が思い浮かぶと思います。

 

実際に、そんな訓練はありますが、ごく一部を切り取った内容です。

そして、レンジャー訓練に対する捉え方も一般の方と自衛隊員とでも違います。

一般の方からすると、なんとなくいかにも自衛隊っぽい厳しい訓練をしているイメージになると思いますが、実際の自衛隊員からすると、多くの隊員が出来れば参加したくない訓練No.1でしょう。

 

なぜなら、レンジャー訓練を卒業したからといって特に給料が上がる事もなく、逆にレンジャー訓練を卒業した事によって、その後は【あいつはレンジャー訓練を出たんだから、出来て当たり前】という目で見られます(実はこれが一番キツイ)。

 

そんな中で、レンジャー訓練に志願する隊員は、所属する中隊から一目置かれていて、なんとなく志願しないとカッコつかない隊員や昇級する為に参加する隊員くらいです。

 

私といえば、そもそも入隊したキッカケが、街中で信号待ちしている時に声をかけてきた自衛隊のおじさんと仲良くなって、そのおじさんから「3日でいいから入ってくれへん?」って言われ、付き合いで入った人間ですので、正直なところ自衛隊に興味はありませんでした。

 

その私がレンジャー訓練に志願した理由は

  1. たまたま仲が良い先輩がレンジャー出身者だった
  2. そもそも好奇心が強く、せっかく自衛隊に入ったんだから経験できる事は経験したい

この2点です。

こう言うと気軽に参加したように見えますが、レンジャー訓練がどれだけキツイかは聞いていましたが、訓練期間の途中で自分から辞める決断はするつもりはありませんでしたので、途中で帰ってくる時は無事ではないと思い、レンジャー訓練が始まる前に生まれて初めて生命保険に入りました(実際途中で部隊復帰する者は殆ど病院送りでした)。

 

理由はどうあれ、レンジャー訓練に志願すると、次に待っているのが【素養試験】になります。

 

 

 

素養試験の内容は?受かる秘訣はある?

レンジャー訓練は、精神的にも肉体的にも限界に挑戦するかなりハードな内容になりますので、健康体で、ある程度の体力も必要になります。

その基準になるのが【素養試験】です。

 

素養試験では、身体検査体力測定水泳技能とあり、実際の試験では、懸垂土のう運搬かがみ跳躍小銃を持っての持久走水泳技能では立ち泳ぎなどがあります。

 

この体力測定は、普段鍛えていないとクリアーする事は出来ません。

そんな厳しい基準がある素養試験ですが、予め試験の内容は分かっていますので、半数以上は受かります。

加えて実は、正直なところ多少基準に足りなくても合格できます。

 

ただ、体力測定の最終種目である【小銃を持っての持久走】はクリアーする必要があります。

ですので、合格しようと思えば、素養試験を受ける前に、この持久走だけは走り切れるように練習しておく必要があるでしょう。

 

私もレンジャー訓練に対する恐怖で、レンジャー訓練前にいつもの仕事が終わってから、外出もせず、体を鍛えまくっていました。

 

そんなレンジャー訓練に参加しようと決意したものは、相当な覚悟があるはずですが、中にはプレッシャーに耐えきれず(かと言って辞めるとも言い出せず)、トレーニング中に自分で自分の足に鉄アレイを落としてわざと骨折する者までいました。

 

 

 

基礎訓練って何する?実は精神的にキツイのはここです!

めでたく?レンジャー訓練に入ると、まずは1ヶ月半くらいの【基礎訓練】になります。

基礎訓練とは、実際に山に入って訓練する前に、体力を鍛え上げる期間になります。

 

この期間には、基本的な懸垂や屈み跳躍、障害走が毎日行われ、徐々に負荷も上がっていきます。

もちろんこの基礎訓練の期間は体力的にキツイのですが、実はかなり精神的にもプレッシャーをかけられます。

 

と言うのも、レンジャー訓練に入ると、特に精神面で24時間気が休まることがありません。

食事やお風呂は団体行動が決まりで、その他に行動する時もバディー行動(決められた相手との二人一組での行動)が強要されます。

もし一人でいるところを助教(レンジャー訓練を指導する隊員)に発見されると、連帯責任で全員、もしくはバディーで腕立て伏せが待っています。

 

この期間に私が経験したキツかった出来事ベスト3は、

  1. 夜中の3時にアイロン
  2. 腕立て伏せ1440回
  3. 台風襲来

です。

①夜中の3時にアイロン

こちらは、読んで字の如く、夜中の3時にアイロンをかけていたという事です。

この基礎訓練期間中は、毎朝点呼と同時に服装や身だしなみ点検があり、髭の剃り残しや着ている戦闘服にシワが1本でもあると、シワの数だけバディと共に腕立て伏せが待っているので、必ず前日にはアイロンをしなければなりませんでした。

 

ただ、アイロンをかけるアイロン台が少なくて、全員がアイロンをかけていくと、最後の方は夜中や明け方になっていました。

ですので、後の方にアイロンをかける隊員は、一旦寝てから自分の番が終わった隊員に起こしてもらってアイロンをかけ、また次の隊員を起こしてアイロンを回していました。

今考えても、よくやっていたなと思います。

 

 

②腕立て伏せ1440回

基本的に何か失敗してしまうと腕立て伏せをさせられますが、当時の決まり事の一つとして、「共同の冷蔵庫に飲み物を入れて置く場合、一人500mlまで」と決められていたところ、バディと二人で1440mlオーバーしているのが見つかってしまい、二人で腕立て伏せ1440回させられた事があります。

 

実際その腕立て伏せの終盤は、腕立て伏せの体勢で、数を数えるだけの状態でしたが、なかなかの地獄でした。

 

 

③台風襲来

自衛隊自体が規律を重んじる組織ですが、特にレンジャー訓練中は厳しく言われます。

各人のベッドも、起きた後にきちんとベッドメイクをするのですが、誰かのベッドが少しでも乱れ(シーツが少しでもはみ出ていたり、毛布・シーツの折り目が正しくないなど)があると、台風と呼ばれる嵐がやってきて、居室にある全てのものがひっくり返されます。

 

ただでさえ時間に追われる基礎訓練中に居室を元に戻す作業はかなりしんどい作業です。

 

 

 

行動訓練って何?自分の限界に挑戦!

レンジャー訓練は、ここからが本番になります。

この【行動訓練(想定訓練)】の為に基礎訓練で厳しい訓練に耐えてきた事になります。

 

行動訓練(想定訓練)とは、実戦を想定して、実際に地図判読しながら、目的地に向かって山の中を進み、任務を遂行する訓練になります。

 

第1想定〜最終の第9想定まで、徐々に距離や日数、難易度を上げながら進んでいきます。

この行動訓練を分かりやすく説明すると、「飲まず・食わず・寝ず、30Kg〜50kgの荷物を持って山の中を歩き続ける訓練」です。

 

この訓練で個人的にキツかった出来事をランキングで紹介しますと

  1. 5日で体重15kg減
  2. 幻覚を見る
  3. 非情呼集

という事がありました。

 

3位 非情呼集

想定訓練で、山に入る時は、予め入る日時を伝えられている訳では無く、突然全員が呼び出されます。

これは【非常呼集】と言い、その方法も色々あります。

この【非常呼集】の方法が、ある時(第何想定かは忘れましたが)、自分が部隊で仲良くさせて頂いている先輩(レンジャーにいくきっかけになった先輩)と談笑している時に突然、その先輩の口から発せられ、超ショックを受けました。

 

当たり前ですが、出来れば山には入りたくないので、ただでさえ【非常呼集】はショックなのですが、敢えて仲が良い先輩にさせるなど、精神的に追い詰める様なやり方の為、【非常呼集】というより【非情呼集】と呼んでいました。

この精神的にもダメージを与えていくやり方がレンジャーなのですが、これはキツかったです。

 

 

2位 幻覚を見る

想定訓練で山に入ると基本的に食事や睡眠は必要最小限になります。

水も自由に飲めないので(各自水筒は持っていますが、水を飲む時は全員一緒に水筒のキャップ1杯とかのレベルで、最後に残った量もチェックされるので、隠れて飲んでもバレます)、そこら辺を流れているよく分からない川の水や落ちている空き缶に溜まった雨水を隠れて飲んだりしました。

 

この空腹喉の渇き眠たさは人によって耐えれる量や時間が違うので、何がキツいかも人によって違います。

 

私の場合は、睡眠が取れないのが一番キツくて、一度朝方に山を降りている時に、ふっと顔を上げて前を見ると、自分の前方30mくらい前にアスファルトの道路が横切っているのが見えました。

 

ずーっと山の中を歩いていて、アスファルトが見えると、感覚的に「やっと帰れる」と思い、この時もちょっと嬉しくなりましたが、基本的に顔を上げて歩くと体力を消耗するので、俯いて歩いていましたが、そろそろアスファルトに着くくらいだと思っても着かないので、また顔を上げると、先程と同じくらいの距離にアスファルトが見えました。

 

「あれ?」と不思議に感じましたが、疲れと眠たさであまり思考回路が働いていませんので、また俯いて歩いても、まだアスファルトに着きません。

そしてもう一度顔を上げて前を見ると、先程の同じアスファルトと、今度はそのアスファルトを山手の方から歩いてくるモンペ姿のおばあちゃんが見えました。

 

今度は人が見えたので、間違いないと思い、また俯いて歩いたのですが、また着きません。

「何で?」と思って顔を上げると、また同じアスファルトとおばあちゃんが見えました(かなりはっきり見えていました)。

 

流石に「もうどうでもいいわ」と思って見ることを辞めましたが、今思えば、眠いのを我慢して無理矢理歩いているので、実際に見えている景色に夢の映像が重なっていたのではないかと思います(というよりそうであって欲しい)。

 

 

1位 5日で体重15kg減

行動訓練では、気力・体力の限界に挑戦する過酷な訓練ですので、体調管理もきっちり行われます。

その一つとして、山に入る前と山から帰った後に体重を測ることになっていました

 

行動訓練の最終想定の出発前の私の体重が68kgで5日後に帰ってきた時に測った体重が52kgでした。

グラム数を覚えていませんので、細かい数字はわかりませんが、15kgは減っていた事になります。

 

他の隊員ももちろん体重は減っていましたが、私は減っている率が高かったと思います。

お陰様で、今でも多少体重が増えても、いつでも戻せる自信にはなっています。

 

とりあえず行動訓練で特に印象に残った出来事はこんな感じですが、その他にも、

  • 隊員が山の中でお腹が空き過ぎて、今まで見た事もない赤色や黄色のカラフルなとうもろこしっぽい形をした木の実を食べて体調を崩し、病院へ行った。
  • 山の中で先輩レンジャーの差し入れとして頂いた「おはぎ(おはぎの周りにきなこがまぶしてあり、中に餡子が入っているタイプ)」がとても美味しく(特に中の餡子がラムネが入っている様に口の中でシュワっとして珍しく感じた)、山から帰った後、わざわざその「おはぎ」を買いにお店に行ったら、そんな「おはぎ」は販売していませんでした。
    よく考えると、夏場の暑い中、山の奥まで持ってきていたので、中の餡子が傷んでいただけでした。

などここでしか経験しない出来事はたくさんありました。

 

 

 

まとめ

いかがでしたか?

 

今回は『自衛隊レンジャーって何?実際になる方法や体験談を紹介します!』と題しまして、(陸上)自衛隊レンジャー訓練の内容について、実体験をお伝えしました。

 

現役の自衛官の方で、レンジャー訓練に興味がある方やこれからレンジャー訓練に参加する予定の方、そして自衛隊に入隊した経験がなくても自衛隊に興味がある方には、実際に行われている内容は、皆さんが知らない情報をご提供できたのではないかと思います。

 

レンジャー訓練も、一般隊員の方と同じ駐屯地内で生活していますので、実は皆さんが寝静まった中で密かにアイロンをかけていた事はご存知なかったでしょう。

 

何はともあれ、特に現役の方で、まだレンジャー訓練に参加する資格がある方は、一度チャレンジしてみる事をお勧めします。

いつもありがとうございます

コメント

タイトルとURLをコピーしました